ひとり言

春の訪れ

あなたとのことを考えるため 都会の喧騒を離れて一人で旅立ちました

 

湖畔に佇むと        湖を渡る風には渡り鳥の鳴き声が、また

 

木立を縫う風には      小鳥のさえずりが聞こえます

 

湖畔に影を落とす      雪に覆われた山並みの向こうにあなたはいます

 

風の音や小鳥の声は聞こえるのに 聞こえそうで聞こえないあなたの囁き…

 

私があなたの声を聞き取れないように あなたに届きそうで届かない私の声に

 

もどかしさを感じます

 

 

でも、春がすぐそこまで来ています

 

 

柔らかな春の日差しが    山並みの雪を溶かすように

 

凍てついた私の心には    あなたの天使の微笑が必要だと言うことを

 

思い知らされました

 

今夜の夜汽車で       あなたの居る都会に戻ります

 

たまらなく         

 

逢いたくなりました

牧田 英冶

見えない大きな力

この文章をご覧になっているということは、  

あなたも Webページを閲覧できる環境に  

あるということですね。  

私の考えがあなたの目に触れることを  嬉しく思います。  

インターネット上には私たちが予想もできないくらい  

沢山の情報があふれており、  

私たちを大いに楽しませてくれたり、  

困難を打開するヒントになるようなものもあります。  

一方で教育上好ましくないと言われる情報が  

放置されていることもしばしば指摘されます。  

いずれにしてもコンピュータネットワークの普及が  

社会の状況に大きく変化をもたらしていることは  間違いなさそうです。  

さて、かく言う私もそこそこのネットワーク利用者ですが、  

これだけ多くの情報がひとつの環境内に存在すると  

ある錯覚に陥ってしまうのではないかと危惧することがあります。  

それは「インターネットですべての情報が手に入る」と  

思ってしまうのではないか、ということです。  

ちょっと考えてみてください。  

次のうちインターネットで見つかる情報はどれだけあるでしょう。  

(1)先月末の日経平均株価 

(2)もっとも長い英単語 

(3)好きな芸能人の最新ニュース 

(4)地蔵保幸氏の著書名 

(5)先週の木曜日に食べた晩ご飯のメニュー 

(6)小学校の時好きだったあの子の卒業作文タイトル 

(7)あなたを愛する人の手のぬくもり  さて、いかがでしょう。冗談交じりのものもありますが、  

なかには明らかに見つかるはずのない情報が  

あるということをお分かりいただけるでしょう。  

インターネットは便利ですが、全ての情報が入っている  

魔法の箱ではありません。  

少し考えてみればわかることですよね。  

大きな力を持つものを過信してしまうというのは、  

インターネットに限ったことではありません。  

移り変わる環境に飲まれて、こういう当たり前のことが  

頭からスッポリと抜け落ちてしまわないように  

気をつけながら、情報化した社会とも  

上手に付き合っていきたいですね。

佐藤 寛修

ドライブ

久しぶりに高速を走った
天気はまずまず,車両もほどほど

流れに乗って北へと進む
いつものことだが
インターを1つ2つ過ぎるまでは慣らし走行

調子よくスピードが出始めたら
進むほどに車が増え、渋滞

やがて霧に視界を遮られスピードダウン
霧は濃霧に変わり
トンネルをぬけると土砂降りの雨

目的地に近くなり一般道に下りると小雨
それでも、午後は晴れ間も見え
夕方には太陽を見ながら走った

このドライブはまるで人生のよう
平穏に暮らせる日も
つらい日も
一本の道でつながっている

私は悪天候の中 高速を下りようとは考えなかった
この道がいやならわき道だってある
パーキングで霧が晴れるのを待つという手もあった
選ぶのは私

人生も同じ
何かにつまずいたり悩んだりした時
ドライブに様々な手段があるように
人生にもたくさんの選択肢がある

回り道することもできるし 
休むこともできる
誰かと話しながらゆっくり歩く楽しさもある

選ぶのは私

佐藤 美代子

新陳代謝

おいしい食事をとることは、生活の上でとても大きな喜びを生んでくれています。

多少気分が落ち込んでいても、ご飯をしっかり食べれば元気になるという人も多いのではないでしょうか。

 

よく人の体を自動車に例えて

「食料は人間にとってガソリンのようなもの」
などという話を耳にします。

 

しかし、人間が食事をとることの働きはこれだけにとどまりません。

 

人間の体がタンパク質からできているということは、おそらく皆さんご存知でしょう。
食事をとると、食材を構成している栄養分がタンパク質として体内に取り込まれます。こ
のタンパク質は、体内で絶えず分解と再構成を繰り返しているといいます。ある生物学者によれば、その繰り返しが「生きている」ということであり、生物として自然界で生き抜いていくために作り出した堅固なメカニズムなのだそうです。

 今自分を構成している体も、分子レベルで見れば1年後には全く別物。

たとえば今悩んで苦しんでいる自分も、1年後には全く別人。

 

そう考えると、なんだか気持ちがラクになってきませんか。

佐藤 寛修

エコ

みなさん、エコしてますか?

私はお昼はMY箸を持参して、割り箸は断ってます。

エコロジー、すばらしいですよね?

何といっても地球に優しい!

でも、ふと思う時があります。

自分が割り箸1本節約したところで、大して変わらないのではと・・・。

確かに目先で見ると大したエコではないのかもしれないけど、しないよりは確実に進んでいる。

もしかすると、その行為を見て他の人がやるかもしれない。そう考えると、小さいことでもやった方がいいなと思います。

私が行っているカウンセリングも同じで、接しているのは目の前の人だけど、その人が笑顔になれば、その人の周り、さらにその周りの人の周りが笑顔になっていくのを感じます。

できるエコからコツコツと・・・・

みなさん、心のエコはしてますか?

大出 貴一

PAGE TOP