ひとり言

<歩いても 歩いても>

歩いても歩いても      誰もいない

歩いても歩いても      いく手は闇に暮れる

だが 

歩いても歩いても      星はついてくる

「私は孤独なのか?」

人生は孤独の連続である

だが

最後の一段は・・・

愛する人と二人である

牧田 英治

<オンライン生活>

思っていた以上に、続いた自粛生活。

世界中での辛く悲しいニュースばかり。

大好きな人たちにも、仲間たちにも会えない。

あれもこれも自粛、中止。

でも…

ミーティングも、セミナーもオンライン。歌のレッスンもお料理教室もオンライン。

そしてオンライン飲み会。

沖縄から北海道、日本中の人たち。

いえいえ、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア…

世界中の人たちと、お家にいながら、気軽に会える!

大勢の人たちに簡単に会える!のは、それはそれで、うれしい。

気軽にいろいろなセミナーに参加できる。

普段、ちょっとオンラインが苦手だったわたしには衝撃?

でも…

歌のレッスンは、一緒に歌うのは難しい。

お料理教室の美味しそうな焼きたてパンの香りはかげない。

おいしそうなお料理も味わえない。

そして…

やっぱり、私はオフラインで大好きな人たちに会いたい!

そして…

命を危険にさらして、懸命に働いてくださっている世界中の医療従事者の方々、

福祉施設の方々、スーパーなどで働く方々には感謝感謝です。

稲垣 真美

<小さな○○>

花になりたい               小さな花に

名もない花で               いいのです

心の渇いた                 旅人の

気持ちを癒せて           やれるなら

それで枯れても            いいのです

 

鳥になりたい               小さな鳥に

名もない鳥で               いいのです

あてなくさまよう            旅人に

愛しき人の                  行き先を

そっと教えて                やれたなら

生命 果てても               いいのです

牧田 英治

【元整体師のお話】

元整体師の方のお話を聞く機会がありました。

 なぜ、「元」かって?

人間は、そもそも自分で治せる力が備わっている。

本来の自分に戻れる力がある。

長年身につけた身体の使い方の悪いクセが、痛みや歪みを作っている。

だから、そのクセを除いて行くことで、本来の自分の身体に戻れる!

えっ、これって、カウンセリングと同じ!

間違った思考のクセが、クライエントを苦しめている。

だから、その思考のクセを除いていくことで、本来の自分を取り戻し、生きやすくなる。

それなのに、患者さんは、整体師に治してもらおうとする。

整体師に依存して、自分で治そうとしない。

だから「元」なんです。

今は、患者さんが自分で治るように、ワークなどをされています。

 

稲垣 真美

《静けさの中で》

街の騒音が消える

闇の中に

微かに届く除夜の鐘

 

師走の喧騒は過去のもの

今、新しい年に向かって動き出している

わずかな時の後に

朝日が昇る

 

闇の中に身を置くのは今だけ

静寂の音を感じるのも今だけ

時はすでに明日へと向かって動き始めている

 

静けさの中で明日へのエネルギーを蓄え

日の出とともに動き出そう

佐藤 美代子

PAGE TOP